Today's Glass in ONODA BAR

本日のサービスグラス・サービスショットをご紹介。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 本日のサービスグラス(カクテル)、サービスショット(ウィスキー)をご紹介しております。 お店にてご注文いただきますと、一日につきお一人さま一杯ずつまで、特価でご提供させていただきます。 詳細 → Today's Glass について
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
送信テスト
管理人による送信テストです。
| comments(18) | trackbacks(0) | 23:15 | category: - |
9月1日(火)〜 3日(木)                  各500円
Ichiro's Malt 15y (イチローズ・モルト) 46%
羽生蒸留所で伝統的なスコッチウィスキーの製法を踏襲し、造った原酒の中から
最低酒齢15年以上のモルト原酒を選びコニャック樽で後熟しました。 
かつて埼玉県羽生市に存在した羽生蒸留所(東亜酒造)。 2000年の蒸留を最後に
2004年には設備が撤去されてしまいましたが、創業者のお孫さん・肥土伊知郎
(あくといちろう)さんにより復活。 肥土さんは、その原酒を福島の酒蔵・笹の川酒造
の熟成庫で寝かせてもらい「イチローズ・モルト」というシリーズで展開しています。
 
Bloody Mary (ブラッディ・メアリー) ウオッカ+トマトJ
血を連想させるトマトジュースの真紅の色から、16世紀にイングランドで
「血まみれのメアリー」(ブラッディ・メアリー)と恐れられた女王
メアリー・チューダー(メアリー1世)が名前のモデルとされていますが
フルーツトマトのジュースを使い優しい味に仕上げています。
ベースをジンに変えると「ブラッディ・サム」 テキーラで「ストローハット」
どちらでもお受けいたします。 
 
| comments(0) | trackbacks(0) | 13:08 | category: - |
8月 28日(金)〜 30日(日)                各500円
Isle of Jura  (アイル・オブ・ジュラ) Super Stition  45%
ジュラ島唯一の蒸溜所、アイル・オブ・ジュラはクレイグハウス村のはずれにあり
島での密造の歴史は古く、1502年には記録があるそうです。 19世紀初頭に閉鎖。
現在の蒸溜所がオープンしたのは1963年、島民の雇用促進のために建てたもの
とされています。 スーパースティションは、英語で「迷信」を意味し、5月にピート
掘りをするのは不吉であると、ヘブリディーズ諸島では信じられています。 ヘビー
ピートの若い原酒に、13年〜20年、21年以上熟成させた通例のライトピートな原酒を
ヴァッティングしています。 ボトル前面の十字架には、魔除け意味もあるそうです。
  
Parisien (パリジャン) ジン+ドライ・ベルモット+カシス
フランス・ディジョン産のカシス・リキュールを用いて、お洒落でちょっと気取った
「パリっ子」をイメージしたカクテル。 
| comments(0) | trackbacks(0) | 10:37 | category: - |
8月 25日(火) 26日(水)              各500円
LINKWOOD 1979 (リンクウッド) Douglas Laing  50%
リンクウッドはエルギンから南に2km、ロッシー川沿いにあり、美しい芝生と花壇の
ある蒸留所で有名。 この庭はヒラリー・ラモント夫人が毎日手入れをし、彼女は
季節毎の蒸留所への訪問者達(渡り鳥・小動物・昆虫など)を記録しています。
ダグラスレイン社は家族経営の会社として、品質から倉庫での瓶詰、梱包まで
全てを独自のスタイルで管理しています。 ブレンド業も行い、膨大な樽もカスク
選びの際に少しでも不満があると、ブレンドに回して高品質の樽を提供しています。
 
Alaska (アラスカ) ジン+シャルトリューズ・イエロー
アメリカ最北の州・アラスカの名前を付けたカクテル。 1920年代ロンドンのザ・
サボイ・ホテルのハリー・クラドック氏の作品。 アルコール度数は高め。
シャルトリューズのグリーンを使ったグリーン・アラスカも人気があります。 
| comments(0) | trackbacks(0) | 10:58 | category: - |
8月 23日 (日)                    各500円
Dallas Dhu 1974 (ダラス・ドゥー) Signatory  21y   43%
蒸溜所はグラスゴーのブレンダーだったライト・アンド・グレイグ社によって1898年に
創業。 1900年に人気のウィスキー・ブランドであった、ロデリック・ドゥーの経営陣が
買い取るが、その後オーナーはめまぐるしく代わりました。1939年スティル・ハウスが
全焼。その後再開するも1983年に突然閉鎖。 蒸留所は「スコットランド歴史的建造物
および記念碑保存委員会」に1986年に寄贈され、博物館として公開されています。
 
Jack Rose (ジャック・ローズ) カルヴァドス+ライムJ+グレナディンsy
フランス・ノルマンディー地方の特産であるリンゴのブランデー カルヴァドスをベース。
ノルマンディー地方以外のリンゴのブランデーを「アップル・ジャック」と呼ぶことが多く
「アップルジャックで作ったバラ(ローズ)のような色合いカクテル」が名前の由来です。
すっきりと甘酸っぱい味わい。 
| comments(0) | trackbacks(0) | 11:32 | category: - |
8月 21日 (金)                   各500円
REBEL YELL (レベル・イェール) 40%
ローリング・ストーンズのギタリスト、キース・リチャーズが昔、よく愛飲していたバーボン。
ストーンズ・フリークの間で有名なバーボンでしたが、手に入りやすくなりました。
「Rebel Yell」は「反乱の雄叫び」で南北戦争当時から使われた、勝利の歓声だそうです。
 
Sky Diving (スカイ・ダイビング) ラム+ブルーキュラソー+ライムJ
1967年、ANBA(全日本バーテンダー協会)のカクテルコンペで1位入選をした作品。
大阪の渡辺義之氏作。 ブルー・キュラソーが澄み切った青空を連想させるカクテル。 
 
| comments(0) | trackbacks(0) | 12:56 | category: - |
8月 20日 (木)                    各500円
CRAGGANMORE-GL (クラガンモア) 1989-2001  46%  Kingsbury's
蒸溜所は1869年スペイ川沿いに建てられ、近くにクラガンモア丘を望む所から
名がつきました。 付近にある古くから密造酒の間で知られた名水の存在と、
川沿いに走る鉄道に着目し、直接蒸留所に引込み線を敷くことで輸送拡大が
図れました。 ポットスチルの形状にも特徴があり、再留釜のラインアームを
T字型にすることを考案。これによって蒸留液の還流を促して香り高く繊細な
味わいを引き出しています。 オールドパーの主要な原酒。
 
Vodka Rickey  (ウオッカ・リッキー) ウオッカ+ライムJ+ソーダ
ベース+ライムJ+ソーダが、リッキーのスタイルですが、不思議と昔から
「ウオッカ・リッキー、レモンで・・」とのオーダーをよく受けます。 どちらにも
対応いたします。 さっぱりとしていて、何を飲もうか迷った時、最初の1杯に
おすすめする事の多いロングドリンクです。
 
| comments(0) | trackbacks(0) | 11:56 | category: - |
8月 16日(日) 18日(火)                   各500円
SPRINGBANK 15y (スプリングバンク) 1992-2007  52.6%
キンタイヤ半島に位置するスプリングバンク蒸溜所は、キャンベルタウン・モルトの
最盛期の1828年に創業。 1837年ジョン・ミッチェルとウィリアム・ミッチェルによって
買い取られ、経営難やモルトの過剰在庫により,操業停止していた時期もあったが
現在のオーナー会社である、J&Aミッチェル&カンパニーが設立される1897年まで
ミッチェル一族の多様なメンバーによって運営されていました。 昔ながらの製法に
こだわり、原料である二条大麦の発芽から瓶詰めまで蒸溜所内で行っています。
 
Picon Highball (ピコン・ハイボール)
フランス陸軍の軍人として、アルジェリアに派遣されたガエタン・ピコンが、アフリカ
現地で使われている薬草に目をつけにより、除隊後の1837年に発売したビター系
のリキュール。 オレンジ果皮・ゲンチアナ・キナ・砂糖・スピリッツのほろ苦い飲み口
が特徴です。 グレナディンシロップで甘みを加え、ソーダ割りにします。 
 
| comments(0) | trackbacks(0) | 14:03 | category: - |
8月 15日 (土)                    各500円
Montagne Pelee XO  (モンターニュペレ グラン オルタージュ XO)   45%
西インド諸島内、フランス領マルティニック島・デパズ蒸留所で造られた
ラムをシャンタルコンテ家が瓶詰めおよび販売を行っているものです。 
酒銘はマルティニック島の火山の名前からとっています。 サトウキビを
搾った液そのものを発酵、蒸留、長期熟成したアグリコールラムです。

Blue Coral Reef (青い珊瑚礁) ジン+ペパーミント(グリーン)
1950年、オール・ジャパン・ドリンクス・コンクールのグランプリ作品。 
作者は名古屋の鹿野彦司氏。 爽やかなペパーミントの風味とジンが
合わさり、すっきりとした飲み口となっています。
 
| comments(0) | trackbacks(0) | 11:26 | category: - |
8月 12日(水) 13日(木)                 各500円
ABERLOUR  10y+ 2y  (アベラワー) 
蒸留所は、スペイサイドのほぼ中央、ベンリネス山の湧水を源とするラワー川
に沿って建てられており、ゲール語で「ラワー川の落合」の意味をもちます。
創業は1826年、ジェームズ・ゴードンとピーター・ウェアによって建てられました。 
原料には、スコットランド産の大麦だけを使用し、シェリー・バーボンの空樽を
厳選、併用して特性を活かし独特の味を造りあげています。  お遊びで
その10年物を、当店の空き樽にて2年熟成。 飲んでみてのお楽しみ。。
 
Valencia (バレンシア)  アプリコット・ブランデー+オレンジJ
アプリコットとオレンジの甘い風味がグラスに溢れる、甘口のカクテル。
名前のバレンシアは、オレンジの産地で有名なスペイン南部の都市名。
バレンシアオレンジのジュースを使ったところから、この名前が生まれました。
今回は、フローズン・スタイルで提供いたします。 
| comments(0) | trackbacks(0) | 13:21 | category: - |